南魚沼市で旅館なら五十沢温泉ゆもとかん

メニュー

料理について

料理長あいさつ

霊峰 八海山の恩恵を受ける 南魚沼市は新鮮な空気、清らかな水、豊かな大地で育った最高品質の食材の宝庫です。
毎日市場へ出向き、新鮮で安全な地元食材、県産食材を仕入れることを大事にしております。
素材に合わせた田舎料理で皆様をおもてなしさせて頂きます。

五十沢温泉ゆもとかん 料理長
小澤 敏博

こだわり食材

南魚沼産コシヒカリ

南魚沼産コシヒカリ

恵まれた自然環境と先人達の弛まぬ努力によってつくられた、南魚沼市が誇る自慢のお米です。
当館で使用しているお米は100%地元でとれたコシヒカリです。

山菜

南魚沼地域の山菜は、種類も多く量的にも豊富なことから、山間地域を中心に古くから貴重な食料として位置づけられてきました。また、様々な料理方法が工夫され、独特な地域・山村の食文化を形成しています。
四季を感じる食材として、多くの方から喜ばれています。

山菜
日本酒

日本酒

新潟と言えば日本酒。
地元南魚沼産の八海山や高千代・鶴齢などご用意しております。
3種地酒飲み比べセットもご好評頂いております。

川魚

川魚

その時期旬の川魚をご提供しております。鮎をはじめ、イワナやヤマメなど新潟の幸をお召し上がりください。

大崎菜

大崎菜

雪の下を流れる清水の恵みを十分に受けて育つ、魚沼の地菜の代表格「大崎菜」。 小松菜の一種であり、関東で生まれた小松菜の種が越後に運ばれ、300年ほど前に大和町の大崎という地域で改良され定着しました。

魚沼きのこ

魚沼きのこ

新潟県魚沼地域は全国有数のきのこの生産地となっており、まいたけ、ぶなしめじ、エリンギ、なめこ、生しいたけなど数多くの種類が生産されています。

妻有ポーク

妻有ポーク

新潟県妻有地方(十日町市・津南町)の10農場で、飼育された豚。 子豚期より抗生物質には頼らず、無薬飼料を与え、ビタミンやミネラル補強など栄養バランスにも気を配り、風味を良くするための油脂添加を一切せず、粗い脂肪の少ない穀物主体の特別配合の飼料を与えて飼育しています。

神楽南蛮

神楽南蛮

魚沼・長岡地方のご当地野菜「神楽南蛮」(かぐらなんばん)
ピーマンやパプリカに近い品種で、肉厚で辛さの中に甘みがあるのが特徴です。
長細くなくゴロゴロとした形と、"しわ"が深く、神楽の獅子に似ていることから、いつしかかぐらなんばんと呼ばれるようになりました。

神楽南蛮を使った1品  南蛮味噌は当館料理長手作りです。
とても人気の一品で、朝食時お召し上がりいただくことが出来ます。

旬の食材をご提供させていただいておりますので、季節や仕入れ状況によって変わることがございます。